本文へスキップ

法務教官

警察官になりたい

警察官になりたいHEADLINE

法務教官


■仕事内容

生活・職業教育を通じ指導を行う 
非行を犯した少年少女を心身ともに健全な人間として社会復帰できるよう教育、指導する。主に少年院の教育部門や少年鑑別所の鑑別部門に所属し、教育学、心理学、社会学などの専門知識で少年少女たちの問題点を探り、少年院においては、生活指導、レクリエーション指導その他の矯正教育に、少年鑑別所においては面接、相談、助言その他の業務に従事する。


■取得方法

教育学、心理学、社会学の知識が必要 
試験のレベルは、大学卒業程度。第1次では、教育学、心理学、社会学の基礎的知識が必要。記述式の専門試験では、青少年の教育に関する具体的な課題についての論述が出題される。
 
最終合格者は採用候補者名簿に記載され、そのなかから少年院、少年鑑別所に採用される。採用されると、各少年院、少年鑑別所に所属し、必要な学術、実務に関する基礎的な研修、訓練を受ける。


■詳細情報
受験資格: [教官A・B]試験実施年4月1日現在、満21歳以上29歳未満の大学卒業(見込)の者。満21歳未満でも大学、短大、高専を卒業(見込)の者及び人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者。※教官Aは男子、教官Bは女子
試験科目: 第1次=(1)教養試験(多枝選択式) (2)専門試験(多枝選択式) (3)専門試験(記述式)
第2次=(1)人物試験(個人面接) (2)身体検査 (3)身体測定(視力の測定:両眼とも裸眼視力0.6以上または両眼で矯正視力1.0以上)
申込期間: 4月上旬〜中旬
試験日: 第1次=6月中旬、第2次=7月中旬
試験地: 第1次=12都市、第2次=9都市
受験料: 無料
志願者: 教官A=1,450人 教官B=842人(平成22年度)
合格率: A=12.8% B=5.7%(平成22年度)


■問い合わせ先
人事院地方事務局(所)、法務省各矯正管区、各少年院または各少年鑑別所
TEL:(人事院関東事務局 048-740-2006〜8)


地方公務員 試験対策通信講座

ヒューマンアカデミー通信講座
平成24年度試験対応。公務員の勉強にアレもコレもは禁物。合格のカギは「効率」です!
公務員(地方上級・国家一般職)総合コースB
 Z会 キャリアアップコース
Z会と河合塾がそれぞれの強みを生かし、共同開発した新しいタイプの公務員試験対策講座。テキストと映像講義を効果的に組み合わせた効率学習で公務員試験合格をサポートします。
 大栄教育システム

根強い人気でもある公務員試験の合格を目指す講座です。
国家(総合職・一般職)/地方(初級・中級・上級)など。