本文へスキップ

警視庁職員

警察官になりたい

警察官になりたいHEADLINE

警視庁職員


■仕事内容

警務・会計・鑑識など 
事務職員は警視庁管内(東京管内)に約100ある警察署、警視庁本部に勤務し、総務と人事を合わせたような警務、会計業務に従事する。鑑識技術、建築、通訳、法医、自動車運転免許試験官など技術、専門系の職員は、その能力が活かせる場所での勤務となる。


■取得方法

職務に必要な知識が問われる 
以下に示す採用試験に合格する。いずれも難関なので、択一式問題や、専門問題、論作文など試験形式に慣れておく必要がある。採用後、警察学校に約1か月入校し、初任教養を受ける。専門職T類(以下、専門と表記)と、T類からIII類まであるが、II類は不定期採用のため省略。


■詳細情報
受験資格: 専門は22歳以上40歳未満で、通訳は専門知識を有する人、鑑識技術は関連学科卒業(見込)者、T類は満22歳以上30歳未満、III類は満18歳以上22歳未満
試験区分: 専門=通訳、鑑識技術 I類=事務、電気、心理 III類=事務
試験科目: 【1次】専門=教養、専門1、専門2、論文 T類=教養、専門、論文 III類=教養、作文 【2次】面接、身体検査、適性検査
試験日: 専門・T類=1次5月上旬、2次6月中旬 V類=1次9月中旬、2次10月中旬
試験地: 東京(警視庁警察学校)
競争率: 専門=通訳(英語13.0倍)、鑑識技術(法医20.0倍 化学21.8倍、文書鑑定5.0倍)、交通技術5.0倍、自動車運転免許試験官20.0倍 T類=事務8.8倍、建築8.0倍、機械4.0倍、電気8.0倍、心理24.0倍 III類=事務28.5倍(平成21年度)


■問い合わせ先
警視庁採用センター
住所:〒183-8555 東京都府中市朝日町3-15-1
TEL:03-3581-4321、0120-314-372


地方公務員 試験対策通信講座

ヒューマンアカデミー通信講座
平成24年度試験対応。公務員の勉強にアレもコレもは禁物。合格のカギは「効率」です!
公務員(地方上級・国家一般職)総合コースB
 Z会 キャリアアップコース
Z会と河合塾がそれぞれの強みを生かし、共同開発した新しいタイプの公務員試験対策講座。テキストと映像講義を効果的に組み合わせた効率学習で公務員試験合格をサポートします。
 大栄教育システム

根強い人気でもある公務員試験の合格を目指す講座です。
国家(総合職・一般職)/地方(初級・中級・上級)など。